HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > お悩み相談室 > 就労証明の取り方

就労証明の取り方

投稿者: S-biz 掲載日: 2006-4-4 (383 回閲覧)
質 問
  在宅SOHOをしている女性です。子供を保育園に預けたいのですが、役所に提出する就労証明の取り方を教えてください。  (30代:女性)

回 答
基本的には、仕事をしている証明ができればOKです。
SOHOで仕事をしている場合は、自分で就労証明を記入するか、もしくは、在宅社員といった形で企業から仕事を得ている場合は、その企業に証明をしてもらうこともできます。

自分で記入する場合、特に形式にとらわれる必要もないので、税務署への開業届を必ず出さなければならないということはありません。
ただ、開業届けを出すことによって、「きちんと仕事をしています。」という証ができます。より良い印象与えるには、個人事業として開業届を提出す他に、青色申告をする手続きをとると良いでしょう。(※注意:青色申告とした場合には、年収がたとえ 0円だったとしても扶養には入れません。また、帳簿作成とそれを一定期間内を保存しなればならない義務が課せられます。)

開業届を出した場合には「自営業」という位置付けになりますが、開業届けを出していなかったり、在宅社員となる場合には「内職」という位置付けになります。

確定申告の(9)の合計所得が5万円未満の場合、配偶者控除と配偶者特別控除の満額が受けられます。それ以上ですと段階的に控除額が変わり、76万円を超えると全く受けられなくなります。

ページ移動
良く読まれた記事 契約書の書き方 ベンチャー支援のための公的融資制度 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project