HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > 勇気を出して先ず一歩! > 第30回:「あなたの仕事を知らせておこう!」

第30回:「あなたの仕事を知らせておこう!」

投稿者: S-biz 掲載日: 2010-6-15 (423 回閲覧)
SOHOや在宅ワーカーは、自分一人でスケジュール管理をしていることが多いも
のです。お仕事が少し広がって、グループ化されたりすると解決することです
が、私も含めて多くの在宅ワーカーが直面する問題点とは?

先日、ライター仲間に大変なことがありました。しかも続けて・・・。
一人は、出先で交通事故に遭いそのまま入院することになりました。ご主人は
単身赴任中です。知らせを受けてかけつけたものの、妻の仕事についての詳細
は知らされていません。別に暮らしているのですから当然と言えば当然のこと
です。それでも、意識のあった本人から大体の話を聞いて、関係各所に連絡を
しました。今の状態、そして当面の予想などを知らせたことで、お仕事を回し
ていた会社は素早く対応することができたのです。

もう一つは、本当に悲しい出来事でした。
同窓会に出かけた先で、「動脈瘤破裂」で亡くなるという衝撃的なものです。
その前日まで連絡のとれていた取引先は、納品日に原稿が届かないことで不思
議に思い連絡をします。先ずは、いつものメールアドレスに。期日をきっちり
と守るライターだっただけに、返信がないことが不思議に思えたそうです。翌
日は、本人の携帯に留守番メッセージを入れ、メールも再度送りました。それ
でも連絡がないために、思い切ってFAXをしました。

「もしかしたら病気で入院でもしているのかも知れない。だったら会社の誰か
が気がついてくれたら・・・」そんな願いを込めてメッセージを仕事場へFAX
したそうです。
すぐに電話がなりました。本人のお嬢さんからで「実は○○日に、亡くなった
んです。同窓会に出かけた先で・・・」と泣かれてしまったようです。

父親の仕事を大まかには知っていたので、どこかに連絡しなければならないだ
ろうとPCや携帯を調べようとしたそうです。しかし、きっちりした性格が災
いしたのか、ロック状態で誰も確認できなかったようなのです。FAXが届いて、
初めて連絡が取れたというのです。

本当に他人事ではありませんでした。私たちは、それぞれの案件に対して「守
秘義務」が発生するため、家族と言えども仕事内容は話すことができません。
でも、今回のことで改めて、「取引先の連絡先やどことどこに、先ず連絡をし
て欲しい」というリストを作成しておかなければと思いました。今の世の中、
何があるか分からないのですから。出来る限りの対応策を講じておくことで、
かけてしまうだろう迷惑を最小限にとどめるということも一匹狼であることの
責任だと思えるのです。

ページ移動
良く読まれた記事 仕事とボランティアの区別 第29回 仕事は前倒しで進めよう! 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project