HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > 勇気を出して先ず一歩! > 第37回:「当たり前だけど忘れがちなこと」

第37回:「当たり前だけど忘れがちなこと」

投稿者: S-biz 掲載日: 2011-2-15 (376 回閲覧)
自宅で始められる。在庫の必要がない。文章を作成することぐらいなら・・・
そんな感覚でライター業に就く人がいます。聞いた音声を文字にすればいいん
でしょ?簡単だわ・・・とテープ起こしを始めようとする人もいます。さて、
本当に簡単なのでしょうか?

 在宅ワークは、確かに自宅でできるし在庫もいりません。ライターならPC
があればメールで受発注ができ、ワードやテキストでメール添付納品という方
法が多いですね。
テープ起こしのお仕事も、手引きとして利用する記者ハンドブックなどは多く
のオコシストが準備しているようですが、仕事そのものはPCがあればできま
す。でも、それだけでしょうか?

 ライターにしても、オコシストにしても、基本はしっかり学ぶべきだと思い
ます。学校に通うとか講座を受けるだけが勉強ではありません。先輩の話を聞
くことや、ネットで現状を検索してみることも必要です。そして最も重要なこ
とは「一般常識」だと私は思っています。とても漠然としているので、具体的
にお話ししていきますね。

 例えばライターとして仕事をする場合、自分で営業してお仕事をゲットする
方法と、どこかに登録してお仕事を回していただく方法があります。ライター
としてスタートしたばかりの人にとって、ご自身で営業するのはかなり難しい
と言えるでしょう。そんな時、お仕事を回してくれる登録会社は、有り難い存
在です。「どんな小さな仕事でもがんばります!」と、やる気満々でスタート
します。ところが少し経ち慣れてくると、納期を守らない、誤字脱字だらけで
納品する(原稿を推敲しない)ということが出てきます。もちろん、すべての
人ではありません(^_^;)
オコシストさんで言えば、漢字変換がこれで正しいのか?という問題が絡ん
できます。特に地名や氏名は難しいところです。どうしても自信の持てない変
換はカタカナで表記することもあります。けれど著名な方のお名前や有名な話
題がカタカナで表記されていたらどうでしょう?「こんな話題も知らないのか
?こんな有名な人も知らないのか?」ということになってしまいます。

そうです。納期を守ることや責任の持てる原稿に仕上げて納品することは、ラ
イターもオコシストも同じこと。これは心構えの問題でもありますね。プラス、
常に一般常識からはずれない感覚を持つことが大切なのだと思います。情報を
集める努力や非常識にならない感覚、お金をいただく仕事には責任が伴うとい
うことの自覚など、当たり前だけど忘れがちなことに気をつけたいものです。

ページ移動
良く読まれた記事 第38回:「働くための準備とは?」 第36回:「坂の上の雲を目指す?」 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project