HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > つれづれ起業日記 > ターゲットを知ってるつもり?

ターゲットを知ってるつもり?

投稿者: Dolphin 掲載日: 2013-2-16 (491 回閲覧)
起業するにあたり、なんとなく不安だった確定申告も自分でできるめどがつき、新年から、人形劇に関する事業の内容について具体的に考えることにしました。よし、まずは自主公演をやろうと思いたったのですが、はてさて、入場料はいくらで、どこで、どうやって集客したらいいのか、わからないことだらけです。
「どうやって集客したらいい?」というのが、次のテーマかなと思ったのですが、SOHO シンクタンクの専門家の方から、「まず、集客の前に、ターゲットを明確にし、そのニーズをとらえること」と、アドバイスをいただきました。それまでは、何となく人形劇のお客さんになる人たちのイメージを、ターゲット像としてもっていただけで、私は、全然明確にターゲットを絞っていなかったのです。ニーズも全然深く掘り下げていませんでした。とほほ。

そんな折、人形劇の仲間の紹介で、子育て中のママたちと出会いました。幼稚園選びもこだわりがあり、人形劇に興味があり、自主的に子育てサークルを運営している若い母親たちです。話をしているうちに、何年も前に自分が子育てをしていた頃とは、だいぶ状況が変わっていることに気付きました。たとえば、地域ごとに、小さな子育て中のお母さんたちのグループがあり、そういうグループがお互いにゆる〜くつながって、教育やイベントの情報交換をしているそうです。FBやメーリングリストがあるので、同じ教育思想を共有する仲間と地域をこえてつながっているのです。それに、昔は子どものイベントといえば、児童館や公園で催されましたが、今は子どもと過ごせるカフェなども使われるようでした。
自分も昔子育てをしていた時に、人形劇を見に行った顧客であったことと、長年ボランティアで自分たちの人形劇を見にくるお客さんをみていたことで、勝手に、ターゲットをわかっているつもりになっていたことに気付きました。自分に身近な事業ほど、陥りやすいところかもしれませんね。
まず大切なことは、ターゲットを深く知ること。さっそく、知り合った若いお母さんたちを対象に、人形劇サービスのニーズを探るインタビューやアンケートをやってみることにしました。人形劇を見せたい子どもの年齢、入場料、都合のいい曜日や時間帯、場所、年に何回人形劇を見せているか、子ども向けイベントの情報入手ルートなどに関して、アンケートをつくり調べることにしました。グループインタビューもして、深くニーズを掘り下げたいと思います。ご参考になりましたでしょうか?
                            <SOHOシンクタンク研修生 吉田ケン子>

ページ移動
良く読まれた記事 NPO法人はボランティア活動でしょ? 確定申告はこわくない! 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project