HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > つれづれ起業日記 > NPO法人化のメリット・デメリット

NPO法人化のメリット・デメリット

投稿者: Dolphin 掲載日: 2013-5-16 (664 回閲覧)
SOHOシンクタンクの集まりで初めて耳にした「ソーシャルビジネス」という考
え方は、私の事業コンセプトにぴったりなような気がしました。また、公共施
設を借りるために区役所に行ったところ、区役所の人から、NPO法人化をすす
められました。NPO法人が収益をあげてもかまわないという事実をしり、事業
形態はまだはっきりしていませんが、とりあえずNPO法人のメリット・デメリ
ットについて調べてみました。

NPO法人になるメリットとして主に、次の5つがあることがわかりました。(1)契約の主体になれる。(2)事業展開に有利。例えば自治体の事業を受託しやすくなる。(3)公的な施設を利用しやすい。(4)社会的な信用。(5)経費の認められる範囲が広い。人形劇は、子どもの健全育成を図る活動に該当し、もしNPO法人化すれば、自主公演や練習のために、公的な施設も利用しやすくなりますし、学校や保育園に売り込んでいくにあたり、個人でやるよりも信用はあがります。

デメリットとしては、NPO法人は、公益性が求められるため、やや面倒な義務付けがあることがわかりました。たとえば、決算書を税務署向けと認証自治体向けと2種類作成する義務、認証自治体向けに事業報告を提出する義務があります。営利企業であれば、提出するのは税務署向けの決算書だけです。またNPO法人には情報公開の義務もあります。厳正な事務処理が求められます。最近は、NPO法人用の会計ソフトがあり、それほど事務処理は難しくないそうですが、税理士さんや会計士といったプロに頼む人も多いようです。
こうして調べてみるとメリットとデメリットを比較して悩むほど、デメリットがあるわけではないので、自分の事業の位置づけが非営利で公益性の高いものであれば、NPO法人化もよいかもしれません。自分の事業の位置づけ、そして事業形態に合わせて選択しようと思います。
<SOHOシンクタンク研修生 吉田ケン子>

ページ移動
良く読まれた記事 受注獲得したものの、更なる試練が NPO法人はボランティア活動でしょ? 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project