HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > 夢をカタチに『ユニバーサルかぎ針』開発への道」 > 第2回 「アイデアが生まれたらどうするのー最初にぶつかった壁」

第2回 「アイデアが生まれたらどうするのー最初にぶつかった壁」

投稿者: Dolphin 掲載日: 2015-9-18 (449 回閲覧)
手編み講師として講習する中で、高齢者や手の不自由な方も編物を楽しめる《ユニバーサルかぎ針》を思いつき、それを私が作ろう!
と、思ったもののどうしたらいいのか全くわかりませんでした。

専業主婦の私は、できるだけお金をかけずにユニバーサルかぎ針を作る方法を模索していました。
取りあえず、イメージを形にして、誰かに相談しよう。
自分で作ろうとしても、物作り素人ですから正確な形は作れません。
最初に樹脂粘土(自由な形ができる、乾くと形状記憶できる)で針一体型の1号を手作業で作成しました。
これを元に誰かに作ってもらおう。
かぎ針といえば手芸メーカー!
大手手芸メーカーの知人やヴォーグ学園(手芸の学校)の先生に相談した結果、先ずはアイデアの権利を取得することに決めました。
公益法人埼玉県産業振興公社の知的財産総合支援センター埼玉に特許取得の相談に行きました。こちらでは、知的財産(特許・実用新案・意匠・商標等)に関する質問や相談ができます(無料)。
「過去の申請を調べて、同じものがなければ申請できます。」と、公開された特許&実用新案の調べ方=特許電子図書館(2015.3.23より特許情報プラットフォーム)の使い方を教えてもらいました。
膨大な資料の中から、共通点のある申請を探し出し、新しいアイデアであることを確認し、最新の類似申請と比較してどこが違うのか、何がいいのかを示さなくてはいけませんとのこと。
調べ始めましたが、資料の多さと言葉の難解さに、間も無く途方に暮れてしまいました。
どうしたらいいのかわからないまま時間が過ぎて、更に家庭内の事で忙しくなり、いつしかユニバーサルかぎ針の権利取得を諦めかけていました。
やはり個人では権利を取得したり商品を作るのは難しいのかもしれない。

さて、そんな私にも転機が訪れます。
・・・続く(次回は「起業を学ぶことで道が開かれる」)

ページ移動
良く読まれた記事 第3回 「起業を学ぶことで道が開かれる」 第1回 夢をカタチに看護師から専業主婦へ、そして手編み講師へ 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project