HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > SOHOデータウォッチング > 中小企業の賃金引き上げと人手不足

中小企業の賃金引き上げと人手不足

投稿者: Dolphin 掲載日: 2016-4-18 (162 回閲覧)
新聞等で報道されたように、今年の春闘の結果、中小企業(従業員299人以下)の平均賃金引き上げ額(1,281円)が大企業(従業員1,000人以上)の引き上げ額(1,122円)を上回りました。大企業、中小企業とも前年の賃金引き上げ額に比べて大幅に減少したのですが、中小企業のほうが大企業より減少額が少なかった結果、逆転しました。
では、なぜ、中小企業において平均賃金引き上げ額が大企業より高くなったのでしょうか。データを見てみましょう。

「中小企業における賃金引き上げの主な理由」

人材確保・定着やモチベーション向上のため  77.5%
業績が改善しているため(見込みも含む)   26.0%
物価が上昇しているため  5.5%
その他   20.3%
(データ:日本商工会議所「商工会議所LOBO(早期景気観測)」2016年3月調査結果)

 安倍政権は賃金引上げによる消費の増大によって、景気を好転させようとしていますが、中小企業にとっては景気回復のためというより、人材確保のために賃上げをせざるを得ないという状況が見られます。帝国データバンクや東京商工リサーチなどの調査によっても、最近は中小企業における人手不足倒産が増加しているそうです。
 自営業者や企業経営者であるSOHO事業者の皆さんは企業の賃上げとは直接関係ありませんが、企業から仕事を受注する際や仕事を他社に発注する際には、人件費の高騰を価格に織り込む必要が出てくるかもしれません。また、人手不足を補うために、仕事を外注しようと考える企業も増えることが考えられますので、金引き上げの動向なども把握しておくと、販売促進の材料として役立つかもしれません。

(SOHOシンクタンク運営委員 鹿住倫世)

ページ移動
良く読まれた記事 クラウド・コンピューティング導入のメリット 中小企業における健康経営の課題 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project