HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > Webライターのここだけの話! > リライト記事の適正単価とは?

リライト記事の適正単価とは?

投稿者: S-biz 掲載日: 2009-9-30 (899 回閲覧)
Webライターの仕事で非常に多い「リライト」という仕事。最近よく見かける募集の書き方が「1本500字の記事だったら1時間で6本は書けるので、時給にして900円ぐらいの仕事です。」という時給換算にした書き方です。これって高い?安い?一体リライト記事の適正単価ってどのくらいなのでしょう?

私がWebライターとしてやらせてもらっている仕事で一番多いのも「リライト(※)」とよばれる仕事です。参考にする元記事があるため、慣れると結構カンタンに文章を書き換えられるようになります。ただ、このリライト作業の単価については、クライアント様によって設定がまちまちですが、内職なみに低いものが大半です。
冒頭にあげた時給換算にした書き方ですが、時給900円といえば聞こえはいいですが、実際には500字前後の記事1本で100〜120円程度の単価、ということになります。低いものでは、1本30円とかいうところも。これで月3万円ほどの収入を得ようとすれば、1ヶ月に何百本もの記事をリライトしなければなりません。
これって、実際にやってみるとかなりの分量で結構大変な作業です。1時間に6本書けるのね、と思って安易な気持ちではじめるとエライ目にあうかも、、、です(笑)。

確かにリライトも慣れてくると短時間で仕上げられるようにはなるし、私自身、1本の記事を仕上げる時間はかなり短いほうだと思っています。でも、いくらリライトといっても、誤字脱字をチェックしたり、キーワードがきちんと入っているか確認したりしていたら、やっぱり1時間にリライトできる本数はせいぜい3〜4本くらいだと思います。
仕事として納品するからにはある程度きちんとした記事を納品したい、そしてその労力に見合った報酬を頂きたいと思うのですが、ただ、クライアント様の方で、質より量と思われているなら私の考えは単なる書き手の自己満足になるのかもしれません。

私はリライト歴も長く現在5年目で作成した記事も3000本近くになりますが、幸いなことに今請けているクライアント様のお仕事は、1記事500文字前後で300円という単価を提示していただいています。この単価でお金を支払ってもいいと思ってくださるクライアント様もいるということですよね。こちらのモチベーションが保てる金額というと、やっぱり1記事200円〜300円くらいが適正価格ではないかと思うのです。
ただ、最初から単価高めの仕事を狙っていては中々仕事が増えないのも現状なので、そのバランスが難しいところですが、単価が安くても適当に書いて本数を増やせばいいやという意識でやっていては、いつまでたってもそこから抜け出せないような気もする今日この頃です。


※リライトとは。
“ダイエット”とか“エステ”とか“レーシック”など様々なテーマについて、「元記事」といわれる既にある記事内容を、引用したとわからないようにうまく書き換える作業のこと。
HPやブログなどが検索上位にランキングされるには、キーワードとなる言葉をうまく何回も入れて記事を作成するなどの技術が必要です。その記事を、一から作るのでなく、既にある記事を再利用して別の記事を作り出す作業がリライトです。

ページ移動
良く読まれた記事 自分が出来るプラスアルファ。
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project