HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが お役立ちコラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

Adsense

お役立ちコラム > Webライターのここだけの話! > 仕事の幅を広げる 〜テープ起こし編(2)〜

仕事の幅を広げる 〜テープ起こし編(2)〜

投稿者: S-biz 掲載日: 2010-1-31 (446 回閲覧)
在宅で出来る仕事としてはかなり高収入になる「テープ起こし」。前回は私がテープ起こしを始めたきっかけを書いてみました。2回目の今回は、実際にはどうやって仕事を受注しているかという部分を紹介してみたいと思います。

最初はスキルも全くないところから始めた私でしたが、ある程度仕事をこなせるようになった頃、クライアントの業務内容が変わってテープ起こしという仕事をする必要がなくなってしまいました。それでまた仕事がなくなっちゃったんですが、ちょうどその頃、自分で営業用のサイトを作成してSOHO業務に本腰をいれ始めた時期で、そのサイト経由でテープ起こしの依頼がきたのです。

今現在もSOHOサイトは運営中ですが、そこから直接テープ起こしの依頼が入ったのはその時を含めて3回だけなので、それがどれだけラッキーなことだったか今考えてもとっても不思議なんですが・・・。
クライアントはフリーライターの女性でしたが、とにかく納期が短く量が膨大で、その頃は在宅での仕事はほとんどなかった時期だったので、それにかかりっきりで必死にこなしました。それは京大生、東大生のインタビュー音声で、いろんな学部から10人くらい、1人1〜1時間半くらいのインタビューものでした。なかなか内容も面白く聞き取りやすい音声だったので、2週間で15時間分くらいのお超しをやりました。今、だいたい1ヶ月で平均10時間分くらいこなす感じなので、自分にしてはすごく頑張ったと思います。
それで先方さまにも大変喜んでいただけたし、10万円以上のお金をいただけたのです。
ただ、その後もそれがコンスタントに続いたかというと中々軌道にのるのは難しく、その後、同じ方から数回は依頼を請けましたが、定期的になるに至らずでした。

その頃になって、今までメディアプレーヤーで起こしていたのを有料ソフトを購入して行うようになり、テープ起こし専門の掲示板というのも見つけて、そこで仕事募集の依頼に応募したり、自分のサイトを宣伝したりということを続けました。

そんなある日、いつものように掲示板をのぞいていたら、あるテープ起こしの会社が新規スタッフを募集しているのを見つけたのです。私が実際に直接クライアントから仕事をいただくのではなく仲介の会社を通すわけですから、もちろん直請けより仕事の単価は低くなりますが、スタッフとして登録すれば少なくても仕事がコンスタントに来るだろうということでさっそく申し込んだのです。もちろん、登録に審査はありますが登録料等の費用は一切かかりません(笑)。

履歴書を送り、トライアルを受け、採用の通知をいただくまではドキドキでしたが、独学から始めた私もかなりの量を起こした実績はあるし、専用ソフトの助けもあって無事トライアルにも合格することができました。

今現在テープ起こしの仕事は、その登録会社から請けるものがおもになっています。人によっては複数の会社に登録している方もいるし、私よりもっともっとテープ起こしで稼いでいる方も多いみたいです。ただ、私が本当にやりたいことはテープ起こしという仕事の先にあることなんですね。その話については次回少しできるかなと思います。

ページ移動
良く読まれた記事 テープ起こしもひと工夫で差をつける! 仕事の幅を広げる 〜テープ起こし編(1)〜 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project