HOME NEWS FORUMS COLUMN LINKS
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

*無料ユーザー登録で、
・新着情報をメルマガでお届け
・リンク、イベント情報などの投稿
・プライベートメッセージ機能

などなど・・・参加してね!


メインメニュー

オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが お役立ちサイト を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

Adsense

Adsense




  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  

  カテゴリ一覧  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  その他  arrow  政治

訪問   政策空間    atom 最終更新日 2009-8-11 22:35
カテゴリ  その他  arrow  政治
主催者  『政策空間』編集部
説明
banner
民間・政治・行政など様々な分野から多彩な執筆者が参加し、「政策」に関す
る様々な論点や視点を提供するサイトです。
特定の党派・イデオロギーや主張に偏らない、創造的な空間を目指していま
す。
マクロ視点の経済政策から、SOHOに関連した個別の政策に至るまで、幅広
い提言が掲載されており、政策に対する深い考察を図ることができます。

ヒット数: 19   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  ATOM

ATOM feed   atom  最終更新日 2015-8-9 7:44

第54号を発行しました (2009-5-10 15:28)
読者のみなさま大型連休はいかがでしたか?さて、先ごろ『政策空間』新企画として実施しました政策川柳の募集ですが、たくさんのご応募をいただきましてありがとうございました。編集部としてはうれしい限りです。そこで、たくさんのご応募の中から編集部が独断と偏見で入選作品を選ばせていただきました。今回はこの川柳作品集を第54号としてお届けいたします。さらに、最も素晴らしかった作品として政策空間川柳大賞、惜しくも大賞を逃したものの同じく目を引いた作品2本に佳作賞、をお贈りしたいと思います。おめでとうございます。川柳という日本古来より伝わる洒落と様式美、そして、時事的な政策問題に対する欧米的な批評精神。今回の政策川柳企画には、そうした新たな文化をもっと広げていこうという思いがありました。その意味で、今回の企画は成功したと自負しております。今回の大賞、佳作および入選作品は以下のとおりです。政策空間川柳大賞「二万円 やっぱりホテルの バーに消え」(東京・帝国太郎)佳作「消費より 笑止の拡大 給付金」(東京・ハリイッポン)「給付金 あとになれば 恐怖金」(大分・ちょっと待てよ)入選「給付金 還付金とはなぜ言 ...
第53号を発行しました (2009-2-26 18:00)
今月のラインアップは以下のとおりです。 『政策空間』vol.53 牧瀬 稔  地方議会における議員提案政策条例の現状 中俣保志  地域社会におけるガバナンスと開発の近代史 大沼一弘  永田町での一年を振り ...
第52号を発行しました (2008-12-25 21:15)
今月のラインアップは以下のとおりです。 『政策空間』vol.52 宮川公男  永久有料化によって高速道路料金の値下げを実現せよ 西川秀和  アメリカ大統領選と日本の首相公選制 高塚年明  何が百年に一度な ...
行政(官庁)における内部統制の必要性 (2008-6-16 17:53)
−内部監査省(仮称)の創設の提言−◎三上裕之(公認内部監査人) 論旨 今年度は内部統制元年といわれている。つまり、上場会社等は今年度から会社法、金融商品取引法により事業年度毎に従来の有価証券報告書に ...
米国の通商政策の行方 (2008-6-14 16:20)
―ポスト大統領選挙の見通し―田中伸昌(所属 ジェトロ海外調査部北米課) 今後の通商政策には不透明感も 米国の通商政策の今後には不透明感が強い。まず、新たな通商協定にためらいがちな民主党に追い風が吹く ...
遺伝子組み換え食品の表示から考える食料保障 (2008-6-14 16:09)
西澤真理子 (株式会社リテラシー リテラジャパン代表)しょうゆ(大豆(遺伝子組み換え不分別))生協: せんべいの表示しょうゆ(大豆(遺伝子組み換えでない))メーカー:お菓子の表示「分別流通とうもろ ...
公立小・中学校教職員の増員に関する一考察 (2008-6-14 15:52)
◎金子 弘(郵便事業株式会社 期間雇用社員) 緒言 報道等[注1]によれば、2008年度に公立の小・中学校の教職員を増員する方向にあるが、教育再生会議の配布資料[注2]によると、加配教職員定数は既に54,4 ...
「安心して絶望できる」社会と地域 (2008-6-14 15:42)
―北海道浦河町「べてるの家」の事例から考える―◎中俣保志(所属:香川短期大学経営情報科准教授) 社会福祉法人「浦河べてるの家」との出会い  大学院時代の知人から、「べてるの家」という実践を紹介された ...
小児治療危機を糺せ (2008-6-14 15:34)
間中健介(特定非営利活動法人 政策過程研究機構 理事) 小児ガンは死因の第2位  まずは下表を見ていただきたい。年齢階層別死亡数(2006年) 厚生労働省人口動態統計より筆者作成日本人の死因の第1位はガンで ...
学童保育のあり方を考える (2008-6-14 15:33)
「小1の壁」解消に向けて◎株式会社アセンディア コンサルティング事業部 小島卓弥 はじめに  「小1の壁」と言う言葉をご存じだろうか?働く女性の子育てにおいて、小学校入学前までは育児休暇や勤務時間の ...

Powered byS-Biz © 2006 Small Biz Net Project